エコで楽しい、YouBike(台北の自転車シェアリングシステム)を使った台北観光

On December 5, 2012 by admin

台北は既にMRT(地下鉄)や、バス交通網、安価なタクシーなど、洗練された都市交通を整備した都会です。
でもちょっと待って!この街にはもっと面白い移動手段があるんです。今日、ご紹介する移動手段は、『レンタル自転車』です。このブログでもコーリィの自転車旅行記の回がありましたが、その時とはまた一味違う、ハイテクレンタルサイクルが、首都台北では誰でも体験できますよ!

YouBikeとは、台北市政府が、台湾の自転車メーカー「GIANT(ジャイアント)」と2009年に作り上げたバイクシェアのシステムです。
このシステムはあっという間に広まり、いまや台北市内に103カ所のシェアスタンドがあり、2013年末には162カ所に増設される事が決定しています。
借りはじめの30分は無料で、以降30分ごとにたったNT$10(10台湾元)の料金形態で、安い料金やエコなだけでなく、様々な旅行者が「自分のペース」で旅を出来る、とても便利な手段です。

このシステムは、まず最初にEasyCard (悠遊卡)の登録が必要です。ですので、このカードをまずは手に入れましょう。このカードは台湾で最もポピュラーなICプリペイドカード(日本のsuicaやpasmoのようなものです)で、台湾の地下鉄、バス、タクシーやコンビニなど様々な場所で利用ができます。カードは台北の地下鉄駅ならどこでも買えますし、普通の大手コンビニでも大丈夫です。(EasyCardについては、EasyCardの公式ページが詳しく載っています)。
EasyCardを手に入れたら、次は台湾の現地携帯番号が必要です。格安のプリペイドSIMが空港に売ってますので、SIMフリーの携帯電話を持っている方は、こちらで買ってから登録しましょう。現地レンタル携帯でも大丈夫です。余談ですが、いまの時代はやはり海外旅行にはSIMフリー携帯があると、すごく便利ですよ。

この2つのアイテムを手に入れたら、あとは100カ所以上ある街の自転車スタンドを探して下さい。自転車スタンドには、ユーザー登録キオスク端末があります。ちなみにこの端末の表示は中国語と英語のみですので、ご注意を。

端末の表示通りに進んでいけば、EasyCardの番号と(カードの裏面に表示されています)携帯の番号を登録できるはずです。携帯の番号を登録すると、SMSで確認番号のメッセージがすぐに届き登録は完了です。

この登録が終われば、晴れてYouBikeライダーになれますよっ!

端末での登録が終わったら、乗りたい自転車のスタンドまで行き、スタンドのICカード受光部分に登録したEasyCardをタッチしてください。緑色のライトがつけば、スタンドから自転車を取り外して乗り出す事ができます。でも、焦って自転車を決めないで下さい、たまーにパンクや部品が壊れていたり、ハンドルがベトベトだったりしますので、しっかり確認してから、ICをタッチしましょう。

サドル調整は、簡単ですし、SHIMANOの3段変速がついています。

フロントのかごには、ワイヤーロックが装備されており、買い物や観光で途中で自転車を駐輪するときは、かごに固定されたワイヤーを前輪に通し、フロントフォークの自転車スタンド固定部分についているワイヤーロックの錠前に先端を入れます。ロックしたときの鍵は固定部分の反対側についていますので、先端を入れたら鍵をまわして、外して自分のポケットに入れましょう。鍵の紛失には気をつけて!また、ロックしないと盗難に合う可能性もあります。

駐輪したら思う存分観光スポットを堪能してください。

自転車を返却するときは、駐輪スタンドの空きスロットを見つけて下さい。もし開いてない場合は、他のスタンドを探すか、誰かが乗り出してスロットが開くのを待ちましょう。自転車をスタンドにロックしたら、IC受光部にEasyCardをタッチして下さい。これで、あなたがいくら使ったか、残高がいくらかが表示されて、返却は完了です。

統計によると、現在640万人のYouBike登録ユーザーがおり、1日に4万回、一ヶ月に100万回の利用があるそうです。もちろん、これだけの利用がありますから、ラッシュアワーや利用者が多い時間帯は、自転車スタンドに開いている自転車がない場合もあります。その時は、当然少し待たなければなりません。また、深夜の時間帯に運動で借りる方が多く、11時頃に1000人以上が借りており、川沿いで深夜ポダリングを楽しんだりしているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *