台南:台湾の古代首都

On December 3, 2012 by admin

 

台湾という国は豊かな文化と深い歴史を持っているが世界からそれほど理解されてないのが現状だ。国は千差万別の人たちが住んでおり、国際的な人からなんでも受け入れのいい人たちがいる、それは台湾の歴史を見てみればその理由も分かり高く評価することができる。国には始めにアボリジニの人々が住んでいて、その中の14人は台湾の政府から正式に認識されている。この島初の入植者は実は中国人ではなく17世紀のヨーロピア人でした。オランダはまず始めに台湾の南部を支配し、スペインが北部を、しかしスペインがオランダに破れたため、オランダが国便部を仕切る天下の地位を乗っ取った。オランダは1662年の大明帝国の国姓爺に追い出される前の38年間支配し、大明帝国後は大清帝国が1683年に併合するまで支配していた。こうして台湾は200年の間大清帝国の一部であり、1895年から1945年の間日本の植民地であった。

そうです、台湾は植民地時代の歴史がかなり長く、そのほとんどが台湾で一番古い都市台南で行われていたのだ。幸いなことに、都市の観光や歴史的なサイトが台湾の植民地時代のルールやその時に残された跡を理解する手助けになってくれるだろう。

大抵の旅行者は今の首都である台北から始めるだろう。台南は台北から新幹線でおよそ100分(予約制1350元、約3800円)、普通の汽車でおよそ4時間(758元, 約2135円)離れている。どの行き方でも出発は台北駅です。

台南の新幹線の駅からは街へ向かうただのシャトルバスがあり、普通の汽車で行かれる方はすでに駅が街中心部に位置してるのでご心配なく。

まず始めに植民地が最初に始まった安平区へ観光にいくのが最もいいでしょう。

安平古堡

 

安平区では1624年に建てられたオランダの安平古堡がある。お城の中ではオランダが支配していたときの歴史的ドキュメントや、国姓爺からの追放のことや、それから「王の城」と新たに名前が変えられたことなど学ぶことができます。日本が植民地の時にこの城は建て替えられ、今の安平古堡という名がつけられた。入場料は大人50元(約140えん)、学生とシニアは25元(約70円)

 

最近では安平古堡に小さな博物館ができ, 台湾の初期権力者たちをどのように引き寄せたのかセラミックスや歴史的遺物が展示されている。

 

安平区は昔の伝統的は通りや市場でも有名だが、一番の目玉は安平樹屋である。安平樹屋は古い植民地時代の建物に木が建物を包み込むように張り付きながら未だに建っている魅力的な建物です。

安平樹屋

夜の行き先は、台湾人のどの年代でも好きな夜店。ここでは、旅行者はいろんな食べ物や飲み物にトライすることができ(台南はお菓子で有名)、衣類やお土産品が買える屋台、スマートフォンケースやゲーム考えれるものすべて手に入れることができる。

台南では夜店がたくさんあるため、夜店によって週に開いてる曜日が異なるので、行かれる前に確認されるのが一番です。夜店より、どこかで座ってゆっくり食事されたい方や、飲みにいきたいのなら海安路では若者で賑わい活気のあるバーやレストランが並んでいる。アーティスト起業家が力を合わせ昔の古い建物などをアウトドアで楽しめるパブに変えました。

海安バー

この際、台南で一泊過ごされてはどうでしょうか。もし予算があり、いろんな国のビールが好き又は興味がある方、人と交流したい方、最近飲食好きな若い起業家が始めたホステルはいかがでしょうか?Tavern Lは平日700元(約1970えん)、週末(金•土)は800元(約2255円)です。料金はちょっとした朝食とコーヒー付きです。他で滞在の方もビールやブランチ(150元/420円)で立ち寄ってみては?Tavern Lは台南駅から徒歩7分ほどのとても便利な場所に位置してます。さらに詳しい情報はこちらまでTavern L page here.

 

 

台南旅行第2日目は国姓爺がオランダを台湾から追い出してから間もなくできた台南孔子廟への観光はどうでしょう。ここは台湾の歴史的教育が始まった場所であり、台南孔子廟の横には台湾でもっとも古い学校が見えます。

台南孔子廟

台南孔子廟

台南の古い学校の一校

台南孔子廟の向かい側には昔からある市場には「宮坊」という門がある。その通りにはいくつもの芸術品のお店や、コーヒー&デザートや屋台といったものが並んでます。

 

孔子廟の向かえのゲート

 

その中で一番興味深いカフェは「窄門」と呼ばれる狭い路地を通らなければたどり着けないひっそりと隠れたカフェです。

「窄門」のゲート

人により通るのが大変なことも。

 

ちょっとした休憩の後は孔子廟の真後ろにある日本の植民時代に建てられた昔の市役所へ戻ります。地元地域のグループが力を合わせて市役所の解体反対に立ち上がり、今では台湾文学の国立博物館として活躍し、アボリジニと台湾文学の様々なものが展示されてあり、特にアボリジニ語専用に展示されてます。

台湾文学の国立博物館

 

お腹も空いてきたら、文学博物館と道を挟んだ迎え側に台南の一番歴史ある麺屋「擔仔麵」へ。擔仔麵は1895年から営業しており、100年もの間ずっと使われていた鍋が展示されてある。擔仔麵とは中細い麺を用い、スープに豚のそぼろ肉と海老がのっています。食べる前にはトッピングと麺をよくかき混ぜて、スープと交互に楽しんでください。メニューには麺だけではないので、麺以外も頼むことができます。

 

擔仔麵

昼食後の赤崁樓はドライブでちょっと離れているだけ。もともとオランダが1653年に建てた物で、源名は「プロヴィンティア」のちに中華民国政府に「赤崁樓(せきかんろう)」と改名されました。この棟は歴史的遺物の展示から広々とした庭、そしてハイライトに中国、満州事件に刻まれたロイヤルステラを伝送する九石亀をみることができる。

赤カン樓

赤カン樓からの景色

赤カン樓

赤カン樓のガーデン

夜にはきれいにライトアップもされます。

赤崁樓の迎えにはお茶の専門店の「翰林茶館」があります。ここでは,あの有名はタピオカティーが生まれたといわれています。メニューにはタピオカティー以外にもいろんなお茶や食べ物、菓子それに人参などといった体に良い成分の入ったお茶なども頼むことができます。

翰林茶館

 

台南では公共のバスが有りますが、移動には車やスクーターの方が便利です。

 

台南旅行へのアシスタントが必要、ホテル予約の手助けが必要であれば、遠慮なくご連絡ください。

ご連絡はこちらまで: contact us.

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *