上引水產

On December 3, 2012 by admin

おいしくて新鮮なお刺身を台北でお探しですか?台北の海鮮パラダイスの「上引水產」を試してみては?

 

松山空港から少し離れた民族東路にある台北海鮮市場にあり、最近三井食品と飲料企業グループがこの伝統的な魚市場の一部を開発し今では台北一新しく人気なレストランとなりました。

まだ昔の市場の一面も見られるので、食事前にちょっとした観光なんてどうでしょう。

 

「上引水產」は大きな道路にあるわけではないですが、新しい建物なので他の建物より目立つので見つけるのにそこまで大変じゃないはずです。

「上引水產」へ入るとそこにはきれいなタンクに入った新鮮な魚たちが泳いでおり、おなかをさらに空かせることになるでしょう。食べる前に4つの食べ方のうち1つ選ばなきゃなりません。一つは屋内で食べる鍋形式、もう一つは屋外で食べる焼き肉形式。でもこの新鮮な海鮮を食べたいならやっぱりお刺身!次はお寿司かお刺身か決める番です。

私たちはいろんな海鮮を試した方のでお刺身にしました。お寿司やお刺身を楽しみたい方には専用に目の前で調理してくれるバーがあります、なのでゆっくり座りたい人にはあまり適してないかもしれません。

 

土曜日の午後1時30分に到着した頃にはお昼の人ごみが納まり始める頃だったので、お刺身バーに座れるのにかかった待ち時間はたったの5分。1時間早く着いていればきっともっと待つことになったでしょう。お寿司を選ばれる方が非常に多いらしく午後3時までは大抵長い列ができるそうです。

刺身バーでは4−5種類のセットから選ぶことができ、値段は880元(約2500円)から高くてだいたい2000元(約5700円)です。その他にもワイン、ビールや焼酎もあり、500㎖のアサヒビールはたったの100元(約280円)。しかし普段無料なお茶などは高値の33元。

私たちは880元のセットを頼みました。まずは海鮮サラダから。サラダのトッピングにも種類があるのか、一人のはサーモンと蟹、もう一人はサーモンとマグロにアボカドでした。メインコースは蟹、海老、牡蠣、貝、漬込まれたホタテ、ウニ、そして最後にマグロ(残念ながらマグロは少し凍ってました)。

接客もそこそこ良く、雰囲気も楽しめました、スタッフの中に英語を話せる人はいませんでしたが、オーダー時に日本語が通じました。中国語が話せれなくても、日本語か指を指してどれくらい欲しいか簡単に伝えることもできます。

急がれてる方には、中にはスーパーもあり、お刺身、寿司、煮魚、野菜、フルーツ、ご飯類から中華系料理までなんでも買えることができます。お寿司にはお酒が欠かせません、お酒の種類も豊富です。

レストラン名: 上引水產

住所: 台北市民族東路410巷2弄18號

電話:(02) 2508-1268

営業: 午前11時~午後9時

予算:880元~2000元



View Larger Map

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *